Tバックはいろんなシーンで大活躍!あなたに合ったTバックの選び方を紹介

Tバックショーツは、セクシーな見た目だけでなく、ショーツラインがアウターに響きにくいなど機能性も備えたランジェリーです。
Tバックと言っても、「タンガ」「ソング」「Gストリング」などさまざまな種類があるので、シーンに合わせて選ぶことで、Tバックのメリットを最大限活かすことができます。


シーンや服装に合わせてデザインを選ぶ

Tバックはいろんなデザインがあって迷ってしまうかもしれません。
そんな時は、着用するシーンをよく考えて選ぶと良いでしょう。
例えば、ジムやヨガなど体にフィットするスポーツウェアや、ランジェリーが透けやすい着物や浴衣を着る時は、タンガやソングなど面積が広めのTバックがおすすめです。
また、白地のタイトスカートやスキニーパンツを着る場合は、ヒップ側の生地がほぼないGストリングが最適です。



Tバック・ショーツ(T-BACK・SHORTS) 191bk


装飾がなくシンプルなデザインですが、フロントのトーションレースは繊細で美しい模様が素肌を飾り、高級感を演出してくれます。
バックスタイルはほとんど生地がないので、どんなボトムスと合わせても下着のラインが響く心配はありません。





スポーツをする女性の悩みを解決

スポーツをする機会の多い方は、スポーツ向けのTバックがおすすめです。
激しく動いてもズレにくくて不快感がなく、伸縮性や吸湿性など機能性にも優れています。
防菌・防臭効果があるものは、汗をたくさんかいても清潔に保てて安心です。
特に、ウエストゴムが太めのものは安定しますし、ゴムにロゴが入っているとカジュアルでおしゃれです。
スポーツタイプのTバックはシンプルなデザインが多いので、飽きがこないのも魅力です。



Tバック・ショーツ(T-BACK・SHORTS) 397rp


メンズライクでスポーティな印象のTバックショーツです。
ウエストゴムにはおしゃれなロゴが入っており、伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているので履き心地も抜群です。
吸水性にも優れているので、長時間着用していても蒸れたり不快に感じたりする心配がありません。





Tバックを正しく着用することが大切

Tバックショーツをセクシーランジェリーとして着用する場合は、お好みのデザインを選ぶのが一番です。
しかし、スポーツ時に着用する場合は、履き心地が良く体にしっかりフィットするものを選びましょう。
また、Tバックは正しく着用することも大切です。
履き方は、まずTバックを腰骨の上あたりまで履いて、お尻部分に生地が食い込みをなくすために、指で食い込んでいる生地を引き出します。
アウターに下着のラインが響かないためにTバックを着用していても、履き方が正しくないとラインが見えてしまい着用する意味がなくなってしまいます。


関連ページ

関連キーワード

営業日カレンダー

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤印の日はメール対応・発送等はお休みとなります。

お電話から注文

電話から注文

FAXから注文

FAXから注文

QRコード

QR
※スマートフォンはこちらのQRコードからアクセスして下さい。

レビュー大募集中!!

レビュー



ピックアップアイテム



ピックアップアイテム
ページTOPへ
トップへ
>